DIGAWEL × J.PRESS ORIGINALS
2022SS CRST season4 

" TYODrift "

Scheduled to be released on Thursday, February 10, 2022

CRST, the label teamed up by DIGAWEL and J.PRESS, both of which have different cultures, will enter its fourth season in Spring/Summer 2022. Here is a look back at the story that has been told through this two-year collaboration. Founded in 1902 in New Haven, Connecticut, J.Press is still trying to create products that can be accepted by a generation with new values while keeping tradition and history in mind in the 21st century. In its first collaboration with this brand known for its Ivy style, DIGAWEL brought in the perspective of redefining business casual. In other words, the culture of Silicon Valley, where college students started working without ties while wearing parkas, may have accelerated the trend toward casual business/office wear. In the 2020 AW CRST season 1, I used the East Coast hip-hop culture of the 90' and Silicon Valley which were emerged around the same time as a reference. The 90's continues to be the focus. In CRST season 2, the focus on the 90s moved across the Atlantic to the UK. The Britpop movement of the mid-90s emphasized Britishness. It was in this season that CRST began to focus on Casuals, the most British of youth cultures, and this led to CRST's special orders for Ellesse and Farah. CRST's attempt to spontaneously link dress clothes and sportswear began in Season 2, following in the footballs' footsteps of Casuals, who brought sportswear, including sneakers, from the field to the street. Following the line of Casuals, which always brought in the latest mode from Italy in continental Europe to coordinate with longestablished British brands, CRST season 3 in 2021 AW reached Italy through the Straits of Dover. The terroir will bring softness and lightness to CRST. And from this season, interest in the 90s to the 2000s trend called Y2K fashion will gradually become apparent. In the late 90s, high school uniforms in Tokyo were replaced by blazers and pants were worn at the waist. By superimposing this style on the mode of the early 2000s, the keynote of CRST season 4 was formed. With this season 4, the story of CRST has gone from the U.S. to Europe, including the U.K. and Italy, and now to Japan. That's why the title is taken from a 2006 movie about a street racing protagonist from the US who transfers to a Japanese high school.

それぞれに異なるカルチャーを持つDIGAWELと J.PRESSがチームアップしたレーベルCRSTは、 2022年春夏でシーズン4を迎えることとなる。こ の二年に渡るコラボレーションを通して語られた ストーリーをここで改めて振り返る。 1902年にコネチカット州ニューヘイブンで創業されたJ.PRESSは、21世紀もまた伝統と 歴史を踏まえながら新たな価値観を持った世代にも受けいれられるプロダクトを生み出そ うとしている。このアイビースタイルで知られているブランドとの最初のコラボレーショ ンで、DIGAWELはビジネスカジュアルの再定義という視点を持ち込んだ。それはつまり 大学生がパーカを着たままネクタイを結ぶことなく働きだしたシリコンバレーのカル チャーがビジネス/オフィスウェアのカジュアル化傾向を加速させたのではないか。カ レッジスタイルつまりアイビーをそのままオフィスへ持ち込んだのが現代のビジネスカ ジュアルのはじまりではないかと再定義した。2020AWのCRST season1では90年代のシ リコンバレーとほぼ同時期のイーストコーストヒップホップのカルチャーをリファレンス とした。この90年代への視線は続くCRST season2では大西洋を横断してイギリスへと移 動していくことになる。ブリティッシュネスを強調した90年代半ばのブリットポップムー ブメント。なかでも最も英国らしいユースカルチャーと呼ばれたカジュアルズを採りあげ るのはこのシーズンからで、これがellesseやFarahへのCRST別注につながっていく。 フットボールファンたちがフィールドからストリートへスニーカーを含むスポーツウェア を持ち込んだカジュアルズのひそみに倣い、ドレスクローズとスポーツウェアを無媒介に 結びつけようとするCRSTの試みもこのシーズン2から始まっている。カジュアルズがつ ねにヨーロッパ大陸なかでもイタリアからの最新モードをイギリスの老舗ブランドとの コーディネイトに引き込んでいたラインを逆にたどるように、2021AWのCRST season3 ではドーバー海峡を抜けてイタリアに達した。その風土はCRSTに柔らかさと軽さをもた らすだろう。そしてこのシーズンより徐々に90sからY2Kファッションと呼ばれる2000年 代のトレンドへの興味が顕在化してくる。 90年代後半から東京都内の高校では制服がブレザーに変わりパンツのウエストを落として 腰で穿くようになっていた。そのスタイルを2000年代前半のモードに重ね合わせることで CRST season4の基調は形成された。このシーズン4でCRSTのストーリーはアメリカから イギリスやイタリアなどヨーロッパを経て日本にまでたどり着いたことになる。アメリカ から日本の高校に編入した主人公のストリートレーシングを描いた2006年の映画から引 用されたタイトルがついているのはそのためである。